雨の日でも大活躍!バートルの空調服が信頼される理由に迫ります!

雨の日でも大活躍!バートルの空調服が信頼される理由に迫ります!

作業服1

野外での現場仕事に欠かせないアイテムとなりつつある「空調服」。背中にファンが付いた空調服は、熱中症対策として様々な現場で導入されています。野外で働いていると急な雨に降られてしまうこともありますが、そんな時にはバートルの空調服が大活躍。ここではバートルの空調服がなぜ雨の日でも信頼されているのかを解説していきます!

そもそも雨の日でも空調服って使えるの!?

空調服を初めて購入しようと思っている人の多くは、「空調服って雨の日でも使えるの?」と疑問を抱くようです。

確かに、せっかく野外の現場向けに空調服を導入しても、雨が降ったら脱がないといけないようだと購入を躊躇ってしまいますよね。また、空調服はバッテリーを使用しているので「水に濡れたら感電してしまうのでは?」と不安を感じてしまう人も多いようです。

実際のところ、空調服は雨の日でも使用することが出来るのでしょうか。まず、多くの人が恐れる感電についてですが、空調服のバッテリーは10V前後の低電圧であることが多く、人体に影響を及ぼすほどの感電が起こる可能性は低めです。

それに水濡れによる感電が起こるようなケースは、バッテリーを雨ざらしにしてしまうような場合で、しっかりと空調服の内部にバッテリーを収納して水に濡れないように保護すれば感電は発生しません。雨の日に空調服を使いたい場合は、バッテリーが雨で濡れてしまわないようにすることが重要だと言えるでしょう。

空調服を購入する際には、なるべく防水加工や撥水加工が施されているものを選ぶと雨の日の使用でも安心できるかもしれませんね。そして次はファンについてですが、こちらは小雨程度なら雨の日でも継続して使用することが出来るでしょう。

しかし、ファンの回転に影響を及ぼすような暴風雨の場合だと、ファンがうまく回転しなかったり空気だけではなく雨水までが空調服の内部に入ってくることがあるため、使用は難しいかもしれません。このような大雨の日にも空調服を快適に活用したいのなら、作業服ショップなどで販売されているファン用の保護カバーを購入することをおすすめします。

カバーを付けることでファンの風量は落ちてしまいますが、雨による影響を受けなくなるので雨天時でも継続して空調服を使用することが出来ますよ。ちなみに大事なことですが、雨に濡れたファンを使用後そのまま放置しておくと故障の原因になってしまうので、仕事が終わった後はしっかりとファンを乾かすようにしましょう。

イケてる作業着ブランド「BURTLE(バートル)」

空調服は数多くのメーカーが販売に力を入れていますが、その中でも優れた製品を開発しているのが日本発の作業服ブランドの「BURTLE(バートル)」です。バートルは空調服以外にも様々なアイテムを販売しているので、名前を聞いたことがあるという人は多いかもしれませんね。

そんなバートルは1958年に創業した「クロカメ被服株式会社」をルーツに持つブランドで、半世紀以上にも渡って服作りを行ってきました。2011年に社名を「株式会社バートル」に変更してからは、スタイリッシュさと機能性を兼ね備えた作業服を手がけるブランドとして知られるようになり、あっという間に作業服界のトップブランドに成長しました。

バートルの作業服が人気を集めている理由はなんと言っても、アイテムのスタイリッシュさでしょう。ブルゾンにしろカーゴパンツにしろ、バートルが開発する製品はどれも作業服とは思えないような「イケてる」デザインが施されています。

例えばブルゾンだと普段使いも出来るようにカジュアルなテイストで仕上げていたり、カーゴパンツだとスタイルが良く見えるようにテーパード加工が施されています。空調服も同様にスタイリッシュなデザインが採用されていて、空気で膨らんだ時に不恰好に見えないようなシルエットで仕上げられています。

もし、カッコいい空調服を購入したいと思っているのなら、バートルのラインナップの中にお気に入りの商品が見つかるかもしれません。

バートルの空調服が信頼されている理由とは?

作業服9

雨の日でも空調服を使用したいという人々からバートルの空調服が評価されている理由は「撥水性」の高さにあります。

バートルではいくつもの空調服を開発していますが、その多くが撥水加工になっていて多少の雨なら弾く仕様です。

また、雨や風から頭部を保護してくれるような大型のフードが備わっている製品もあり、こちらも高評価を受けています。また、バッテリーの水濡れ対策として内ポケットにバッテリー収納スペースを確保してあります。撥水性の高いジャケット内部にしっかりとバッテリーをしまうことが出来るので、水濡れによる感電の可能性はかなり低いと言えるのではないでしょうか。

また、ファンユニットを取り外しやすいこともバートルの空調服の大きなポイント。雨に濡れたファンは乾かす必要がありますが、簡単にファンを外せるバートルの空調服ならメンテナンスもとっても楽チンです。

バートルの空調服は勢いが止まらない!ac1141の魅力とは?

おすすめ空調服その①「AC1071」

数あるバートルの空調服の中で最もスタンダードかつ人気を集めているのが「AC1071」です。こちらはブルゾンタイプの空調服で、とにかく動きやすいことが特徴になっています。また、耐久性の高さも人気の理由の一つで、生地にはマイクロリップクロスを採用し、多少引っ掛けたくらいでは破けたりはしません。

機能性も十分なので、空調服を初めて購入するという人はこの「AC1071」から初めてみると良いでしょう。ちなみにこちらの製品はレディースサイズにも対応しているため、女性の方でも安心して購入することが出来ますよ。

おすすめ空調服その②「AC1084」

次に紹介する製品はベストタイプの空調服である「AC1084」です。作業服には見えないようなカジュアルなデザインが施された「AC1084」ですが、その機能性は本格的でまさに現場向きの空調服となっています。

生地に採用されている「タスランナイロンクロス」は軽量で高耐久、そして撥水機能も兼ね備えた優れものです。「AC1084」なら晴れた日はもちろんのこと、雨天時の野外の現場でも活躍すること間違いありません。脇の下がメッシュ構造になっていることもあり、蒸れにくいこともこの製品の大きな特徴だと言えるでしょう。

快適な環境で働きたい人はぜひ、「AC1084」の購入を検討してみてくださいね。

バートルの空調服なら雨の日でも安心!

作業服12

雨が降る野外の現場仕事でも空調服を着用したいのなら、撥水性の高いものを選ぶようにしましょう。その点で言えば、バートルの空調服は撥水加工が施されているものが多く、多少の雨なら気にせず着用することが出来ます。

また、バッテリーを空調服の内部に収納出来る仕様になっているので水濡れの可能性も低いです。そんなバートルの空調服を活用して、雨の日の仕事を快適にしちゃいましょう。

大阪でバートルの空調服を調達する際に知っておきたいポイント

関連サイト|バートル 空調服 > ユニフォームタウンhttps://www.l-m.co.jp/kucho-fuku/air-craft/